メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/12 「宗教を見限ってほしくない」 他の教団にも呼び掛け冊子発行 /香川

「宗教からのメッセージ」について説明する竹本了悟さん=京都市内で、玉木達也撮影

 自死遺族は、自殺に対する偏見や誤解を持った宗教者が葬儀などの場で発した一言で、心がさらに傷つくことがある。NPO法人代表として自殺問題に取り組む一方、浄土真宗本願寺派(西本願寺)の僧侶としても活動する竹本了悟さん(38)は、こういうことで「宗教を見限ってほしくない」と願う。

 宗教はいろんな種類があり、その人に「ぴったりくるもの」があるかもしれない。そこで竹本さんらが中心になり、他の教団にも呼び掛けて作ったのが冊子「宗教者からのメッセージ」だ。

 編集・発行は西本願寺の総合研究所(京都市)だが、17教団が参加した。「死にたいほどの苦悩を抱える方…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文693文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  3. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  5. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]