メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

15年国勢調査

65歳以上、4人に1人超す 社会保障、運営厳しく

 2015年国勢調査の抽出速報結果が6月末、総務省から公表された。総人口に占める65歳以上の高齢者の割合が26・7%と過去最高となり、少子高齢化に伴って、15歳以上の「労働力人口」の減少も顕著だ。社会保障制度を維持する上で、増大する高齢者層と費用を負担する担い手の先細りが数字の面で裏付けられ、そのかじ取りは一層厳しさを増しそうだ。【野田武、阿部亮介】

この記事は有料記事です。

残り1651文字(全文1827文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 熱射病 小1死亡 校外学習後「疲れた」 愛知
  2. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  3. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  4. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 14日
  5. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 10日

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]