メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

おかみさん・リレーコラム 荒汐部屋・鈴木ゆかさん(54)

相談の大切さ学んだ

 親方は当初、現役を引退したら相撲協会に残るつもりはなかったんです。ところが、荒汐を襲名することになって時津風部屋付きの親方になり、その後、師匠の先々代時津風親方(元大関・豊山)が定年退職するに際し、独立したいと思ったようです。準備段階で、先々代とそのおかみさんに反対されたり、親方が胃潰瘍で入院したりしましたが、2002年に何とか部屋を創設することができました。

 おかみさんの仕事をしていくうえで、時津風部屋での経験が役立ちました。当時の時津風部屋は大部屋で、親…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  2. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです