メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

永田町の目

(4)鈴木哲夫さん「政党にだまされるな、争点は有権者が決めるもの」

どうなる参院選5日連続ロングインタビュー

 自民党と有権者の意識に「ズレ」が生じている――。「永田町の目」第4回は、テレビ記者として政治報道に携わり、与野党問わず豊富な人脈を持つ政治ジャーナリストの鈴木哲夫さん(57)。安倍政権3年半の間、国政選挙で一定の支持を得てきたとされる経済政策が実は地方の有権者の共感を得ておらず、うまくいかないと見られた野党共闘が与党の予想を超えて支持を集めつつあると分析。そのうえで「政党は勝てると思う争点しか掲げない。だまされてはいけない」と語り、有権者自身が考えることの重要性を強調する。【聞き手・岡礼子/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り6574文字(全文6854文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 遭難父子 遺体発見 沢で寄り添うように 新潟の山中
  2. 加計と日大問題 似た構図、丸山真男の「無責任の体系」か
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 選挙 立川市議選 新議員28人決まる /東京
  5. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]