メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Jの興亡

(1)浦和レッズ「サッカーの街のDNA」スポンサー問題にもサポーターは揺るがず

浦和レッズの選手に大声援を送るサポーター=埼玉スタジアムで2016年6月11日、岡部恵里撮影

 発足から24年が経過し、クラブ数はJ1からJ3まで計53クラブに拡大したJリーグ。リーグが掲げる「地域密着」の理念のもと、各クラブは「経営」や「スポンサー」といった課題にどう取り組んできたのか。チームの成り立ちを振り返りながら、Jリーグクラブが生き残るための道を探る。第1回は第1ステージ最中にスポンサー企業の問題が急浮上した浦和レッズ。「チーム消滅の危機」も取りざたされたが、クラブフロントやサポーターらに動揺は全くなかった。むしろサポーターには「スペインの強豪、バルセロナのような市民クラブに近づけるための好機だ」との声すらある。

この記事は有料記事です。

残り2941文字(全文3210文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです