メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

「スマホ巻き肩」にご用心 ゆるい酸欠状態で疲労感

スマホ巻き肩とは…

 これはまた新たな現代病なのかもしれない。「スマホ巻き肩」をご存じだろうか。今や現代人の必須アイテムの観もある便利なスマートフォンだが、使い方によっては体に深刻な悪影響を及ぼす恐れがあるというのだ。その原因と改善方法をまとめた。【吉井理記】

30代以降は特に要注意/「五十肩」と同じ症状も/ストレッチングでほぐす

 今やスマホの世帯普及率は67%(内閣府、2015年度調査)である。インターネットやゲーム、メールや無料通信アプリ「LINE(ライン)」で毎日何時間も操作する、という人もいるはず。街を歩けばスマホを手にする人ばかりだ。なのに体に悪さをするとはどういうことか。

 「スマホ巻き肩」にいち早く注目した理学療法士で、「肩こりの9割は自分で治せる」などの著書がある首都…

この記事は有料記事です。

残り2043文字(全文2377文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  3. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす
  4. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  5. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです