メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

自殺大国からの脱却 本橋豊氏

SOS受け止める社会に 自殺総合対策推進センター長・本橋豊氏

 毎年2万人以上が自ら命を絶つ日本は、自殺率が先進7カ国で最も高い「自殺大国」だ。今年4月、10年ぶりに自殺対策基本法が改正され、国の対策の旗振り役として自殺総合対策推進センター=1=が新設された。初代センター長の本橋豊さん(61)に話を聞いた。【聞き手・清水健二、写真・猪飼健史】

−−昨年の国内の自殺者数は2万4025人(警察庁統計)でした。この数字をどう見ますか。

この記事は有料記事です。

残り2833文字(全文3047文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです