メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

自殺大国からの脱却 本橋豊氏

SOS受け止める社会に 自殺総合対策推進センター長・本橋豊氏

 毎年2万人以上が自ら命を絶つ日本は、自殺率が先進7カ国で最も高い「自殺大国」だ。今年4月、10年ぶりに自殺対策基本法が改正され、国の対策の旗振り役として自殺総合対策推進センター=1=が新設された。初代センター長の本橋豊さん(61)に話を聞いた。【聞き手・清水健二、写真・猪飼健史】

−−昨年の国内の自殺者数は2万4025人(警察庁統計)でした。この数字をどう見ますか。

この記事は有料記事です。

残り2833文字(全文3047文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです