メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

自殺大国からの脱却 本橋豊氏

SOS受け止める社会に 自殺総合対策推進センター長・本橋豊氏

 毎年2万人以上が自ら命を絶つ日本は、自殺率が先進7カ国で最も高い「自殺大国」だ。今年4月、10年ぶりに自殺対策基本法が改正され、国の対策の旗振り役として自殺総合対策推進センター=1=が新設された。初代センター長の本橋豊さん(61)に話を聞いた。【聞き手・清水健二、写真・猪飼健史】

−−昨年の国内の自殺者数は2万4025人(警察庁統計)でした。この数字をどう見ますか。

この記事は有料記事です。

残り2833文字(全文3047文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  4. 陸上イージス 配備説明 秋田知事「不本意」 防衛相訪問
  5. 雑記帳 近鉄名古屋駅と伊勢中川駅(三重県松阪市)を結ぶ近鉄名古屋線が…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]