メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未踏の世界へ

有機化合物作る触媒発見 中部大教授・山本尚さん

山本尚(やまもと・ひさし)さん(72)

 医薬品や農薬の効果を決めるさまざまな有機化合物を作るため、その骨格の基本となっている炭素と炭素の結びつきを自在に組み替える「分子性酸触媒」開発のパイオニアだ。

 有機化合物は、炭素による骨格に水素や酸素などが結合して形作られている。自然界では生物の酵素の働きでできるが、多種多様に人工合成することは困難とされた。米ハーバード大の大学院などを経て1980年に名古屋大の助教授に就いた際、「誰も成功していない分野に挑戦しよう」と、炭素−炭素結合を切ったり結びつけたりという反応を可能とする触媒研究に足を踏み入れた。

 そのころ、金属触媒で結合を切れることは知られていたが「狙った所に結びつけることはできず、有機化合物…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文825文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  5. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです