メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

ツキノワグマ、中国地方で目撃増加 餌豊富で若い個体活発 警戒心薄く人里近くへ

 中国地方で4、5月のツキノワグマの目撃件数が増加した。島根県では記録が残る1996年以降最多となり、広島、山口両県でも高止まりしている。専門家は餌となる木の実の生育が良く出産頭数が増え、若いクマが活発に動き回っていると指摘する。臆病で人を怖がるはずのクマが人を襲う事例も相次ぎ、各県が委託した専門家がパトロールの回数を増やすなど中国地方で警戒が強まっている。【松田栄二郎】

 2005年以降のツキノワグマの4、5月の目撃件数は、島根県では11年までは31〜96件で推移したが…

この記事は有料記事です。

残り1825文字(全文2062文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  3. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演
  5. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです