メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ががんで「貧乏国」になる事情

 今回は極めて個人的な、しかも「偏見」が入り交じったテーマで恐縮だが、実は、小生、肺がんになってしまったのだ。

 1994年の秋だったと思う。当時の国立がんセンター総長だった阿部薫博士と対談したことがある。その対談の中で、阿部さんは「がんの治療は早期発見しかない!国立がんセンターはそのために存在する」と力説されていたのを覚えている。その言葉に従って、50歳代後半から、国立がんセンターで人間ドックを受けるようにした。

 6年前、CT検査で「すりガラス状の陰影」が発見された。肺に1センチほどの白っぽい淡い病巣。医師が「…

この記事は有料記事です。

残り2254文字(全文2528文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 論点 日大アメフット部問題
  2. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  3. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  4. 特集ワイド 言葉は政治家の命なのに… 日本を覆う、むなしき「安倍語」
  5. 自殺偽装容疑 44歳姉を逮捕 弟に多額の保険金 堺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]