メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ががんで「貧乏国」になる事情

 今回は極めて個人的な、しかも「偏見」が入り交じったテーマで恐縮だが、実は、小生、肺がんになってしまったのだ。

 1994年の秋だったと思う。当時の国立がんセンター総長だった阿部薫博士と対談したことがある。その対談の中で、阿部さんは「がんの治療は早期発見しかない!国立がんセンターはそのために存在する」と力説されていたのを覚えている。その言葉に従って、50歳代後半から、国立がんセンターで人間ドックを受けるようにした。

 6年前、CT検査で「すりガラス状の陰影」が発見された。肺に1センチほどの白っぽい淡い病巣。医師が「…

この記事は有料記事です。

残り2254文字(全文2528文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1.3メートル「都内一低い」ガード下 頭上すれすれ電車が通る
  2. 警官も見抜けぬ?精巧偽造在留カード横行 入管法改正で拡大の恐れ
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  5. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです