メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ががんで「貧乏国」になる事情

 今回は極めて個人的な、しかも「偏見」が入り交じったテーマで恐縮だが、実は、小生、肺がんになってしまったのだ。

 1994年の秋だったと思う。当時の国立がんセンター総長だった阿部薫博士と対談したことがある。その対談の中で、阿部さんは「がんの治療は早期発見しかない!国立がんセンターはそのために存在する」と力説されていたのを覚えている。その言葉に従って、50歳代後半から、国立がんセンターで人間ドックを受けるようにした。

 6年前、CT検査で「すりガラス状の陰影」が発見された。肺に1センチほどの白っぽい淡い病巣。医師が「…

この記事は有料記事です。

残り2254文字(全文2528文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです