メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・豊能ダイオキシン

灰処分、「神戸に内緒」は既定方針 事前に反発予想

 大阪府能勢、豊能両町でつくる豊能郡環境施設組合(管理者・田中龍一豊能町長)が高濃度のダイオキシンに汚染された焼却灰など約25トンを神戸市に無断で同市西区に埋め立て処分していた問題で、事前に組合内部で「神戸市に相談すると受け入れられない可能性がある。事後に連絡しよう」などと話し合われていたことが、関係者への取材でわかった。組合は「適正に処理し、問題はない」と強調しているが、神戸市は反発を強めそうだ。

 組合は昨年、ダイオキシン類を含む焼却灰などが入ったドラム缶を一般廃棄物と位置付け、福岡県大牟田市内…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文668文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  3. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  4. 第100回全国高校野球 大阪大会、来月7日開幕 南北の2地区で /大阪
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]