メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NTTドコモ

タクシーを迅速配車、AI使い実用化 来年度にも

 NTTドコモの吉沢和弘社長は6日、毎日新聞のインタビューに応じ、ビッグデータと人工知能(AI)を活用し、需要のある場所を予測してタクシーを迅速に配車するシステムを来年度にも実用化する考えを明らかにした。電車が事故で止まり駅前に利用客があふれている場合など、急激な需要変化への対応も期待できるという。

 吉沢社長は、タクシー事業の東京無線協同組合、富士通などと技術開発を進めていることを明らかにした。携帯電話利用者の位置情報とタクシーの運行データ、気象データなどを組み合わせ、AIが分析して30分後のタクシー需要予測を運転手に提供する仕組み。12月をめどにタクシーを使った実証実験を始める見通しだ。

 吉沢社長は「今年度に実証実験をやって評価する。できるんだったら、どんどん展開していきたい」と述べ、…

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文887文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです