メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひまわりEYE

雨の源水蒸気を追う

青〜緑〜オレンジ〜ピンクと大気中に含まれる水蒸気量が増え、前線の南側や南西側で水蒸気量が多い様子が分かる。紫は雲の部分=東京大、宇宙航空研究開発機構提供

 梅雨前線は太平洋高気圧とオホーツク海高気圧の境に発生し、その南北で水蒸気量の差が大きいことが特徴だ。前線上に低気圧や積乱雲が次々に発生し、大雨をもたらす。この雨の源となる水蒸気の分布を、ひまわり8号が克明にとらえた。

 ひまわり8号は、複数の波長の赤外画像を撮影でき、大気の状態をとらえる能力がひまわり7号より大きく向上している。複数の観測情報を処理すると、大気中に含まれる水蒸気の状態を細かくとらえられる。6月11日に赤外画像の二つの波長を使って分析したところ、前線の南…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです