メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青〜緑〜オレンジ〜ピンクと大気中に含まれる水蒸気量が増え、前線の南側や南西側で水蒸気量が多い様子が分かる。紫は雲の部分=東京大、宇宙航空研究開発機構提供

 梅雨前線は太平洋高気圧とオホーツク海高気圧の境に発生し、その南北で水蒸気量の差が大きいことが特徴だ。前線上に低気圧や積乱雲が次々に発生し、大雨をもたらす。この雨の源となる水蒸気の分布を、ひまわり8号が克明にとらえた。

 ひまわり8号は、複数の波長の赤外画像を撮影でき、大気の状態をとらえる能力がひまわり7号より大きく向上している。複数の観測情報を処理すると、大気中に含まれる水蒸気の状態を細かくとらえられる。6月11日に赤外画像の二つの波長を使って分析したところ、前線の南…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 「日大選手、かわいそう」被害者の父が投稿
  3. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  4. 日大 内田監督 誠意なき辞任 「かんさいがくいん」と何度も間違い……(スポニチ)
  5. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]