メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・大川に「天の川」…LED4万個浮かべ

LEDの光が七夕の川面を青く彩った「平成OSAKA天の川伝説2016」(約1分20秒間露光)=大阪市中央区で2016年7月7日午後8時10分、森園道子撮影

 七夕の7日夜、大阪市中心部を流れる大川で発光ダイオード(LED)電球約4万個を浮かべる「平成OSAKA天の川伝説2016」(一般社団法人おしてるなにわ主催)があった。川沿いは親子連れやカップルなど大勢の人でにぎわい、青く柔らかい光を放つ「天の川」に見入った。

     イベントは09年から始まり、今年で8回目。放流されたのは、「いのり星」と名付けられたLED電球(直径8.5センチ)。水に触れると電流が流れ、青い光を放つ仕組みになっている。会場には「世界に平和が訪れますように」などと書かれた短冊も飾られた。【遠藤浩二】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 相模原事件 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否
    2. 相模原事件 甘えん坊の娘、現実結びつかない 被害者の父
    3. 相模原事件 「やまゆり園」止まったままの日常 内部公開
    4. 下請け法違反 セブン-イレブンに再発防止勧告 公取委
    5. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]