メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東電新旧幹部「不起訴相当」…汚染水流出

 東京電力福島第1原発事故から、放射性物質を含む汚染水を海に流出させたとして、公害犯罪処罰法違反の疑いで告発され、不起訴となった東電と勝俣恒久元会長ら新旧幹部7人について、福島検察審査会は「不起訴相当」を議決した。議決は6月23日付。不起訴相当のため、再捜査は行われない。同審査会は「検察官の判断を不当とする証拠がない」とした。

     この問題を巡っては2013年9月、原発避難者らでつくる「福島原発告訴団」が東電と新旧幹部32人を福島県警に刑事告発。地検がいずれも「過失を立証する十分な証拠がない」などとして不起訴処分にしたため、今年4月に地検の不起訴処分を不当として、東電と7人に絞って審査会に審査を申し立てていた。【宮崎稔樹】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 魅力化プロジェクト 夕張高で「キセキの授業」 元CA招く 就職希望者が参加 /北海道
    2. 皇室 皇后さま83歳 退位実現「安らぎ」 特例法に感謝
    3. 愛知県警 「馬逃走」イラスト効果? 反響、開設以来最高
    4. 人生相談 次男の交際相手に納得できない=回答者・高橋源一郎
    5. 日産出荷停止 不信底なし 社長、法令順守の甘さ認める

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]