メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東電新旧幹部「不起訴相当」…汚染水流出

 東京電力福島第1原発事故から、放射性物質を含む汚染水を海に流出させたとして、公害犯罪処罰法違反の疑いで告発され、不起訴となった東電と勝俣恒久元会長ら新旧幹部7人について、福島検察審査会は「不起訴相当」を議決した。議決は6月23日付。不起訴相当のため、再捜査は行われない。同審査会は「検察官の判断を不当とする証拠がない」とした。

     この問題を巡っては2013年9月、原発避難者らでつくる「福島原発告訴団」が東電と新旧幹部32人を福島県警に刑事告発。地検がいずれも「過失を立証する十分な証拠がない」などとして不起訴処分にしたため、今年4月に地検の不起訴処分を不当として、東電と7人に絞って審査会に審査を申し立てていた。【宮崎稔樹】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 12日間限定! スタバ“幻のドリンク”が再登場
    2. 栃木・那須の雪崩 雪の中からうめき声 救助隊「がんばれ」「寝るな」 訓練強行に疑問
    3. 選抜高校野球 大阪桐蔭が勝利 決勝は史上初の大阪対決
    4. 那須雪崩 「あまりに無謀」那須町長
    5. 那須雪崩 「大丈夫だろうと思った」…記者会見・一問一答

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]