メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テレワーク

遠隔地業務、課題探る 県導入へ実証実験 /秋田

 育児や介護と仕事の両立に向け、県は今年度、職員のテレワーク(遠隔地業務)を試験的に導入する。希望する職員が11月から来年3月にかけて実際に取り組み、課題を探る。県内企業での導入も後押しするという。

 人事課によると、全職員を対象に、実証実験に参加したいかどうかなどをアンケート調査する。業務の内容や対象人数はあらかじめ限定せず、回答を踏まえて決める方針だ。

 対象職員の選定と並行し、職員の自宅から庁内業務ができるよう、コンピューターのシステム環境を整備する…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文453文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  2. 眞子さま 結婚延期 20年に「準備の余裕ない」
  3. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  4. 地震 長野県北部で震度5強 津波の心配なし
  5. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]