メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金閣寺

敷地内から装飾品出土 七重塔「北山大塔」部材か

北山大塔の部材の可能性がある青銅製破片=京都市上京区で2016年7月6日、小松雄介撮影

 京都市埋蔵文化財研究所は8日、巨大な仏塔の一部とみられる装飾品が、鹿苑寺(金閣寺)=京都市北区=敷地内から出土したと発表した。室町幕府三代将軍の足利義満(1358〜1408)は金閣寺近くに「北山大塔(だいとう)」を建立したとされ、その部材の可能性があるという。七重塔だったとみられるが史料がほとんど残っておらず、部材とすれば初の発見となる。

 最大のもので横幅37.4センチ、高さ24.6センチ、厚さ約1.5センチの青銅製破片が、東側敷地で計…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです