メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『才女の歴史−古代から啓蒙時代までの諸学のミューズたち』=マルヨ・T・ヌルミネン著

 (東洋書林・7020円)

ジェンダーの境界線越え学問が発展

 歴史に登場する女性といえば、エリザベス一世のような政治家か、マリー・アントワネットなど時代の流れに翻弄(ほんろう)される美女と相場が決まっている。「教養人枠」で登場する女性は数えるくらいしかいない。私も子供の頃は、マリー・キュリーしか知らなかった。

 古代から連綿と続く学問の発展に、女性はほとんど貢献していなかったのだろうか。文学史と哲学史を学んで…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. NGT暴行被害、新潟知事が言及「早く解明し正常に戻って」
  5. 「要注意の年では」 諏訪大社の筒粥神事で世相占う

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです