メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『才女の歴史−古代から啓蒙時代までの諸学のミューズたち』=マルヨ・T・ヌルミネン著

 (東洋書林・7020円)

ジェンダーの境界線越え学問が発展

 歴史に登場する女性といえば、エリザベス一世のような政治家か、マリー・アントワネットなど時代の流れに翻弄(ほんろう)される美女と相場が決まっている。「教養人枠」で登場する女性は数えるくらいしかいない。私も子供の頃は、マリー・キュリーしか知らなかった。

 古代から連綿と続く学問の発展に、女性はほとんど貢献していなかったのだろうか。文学史と哲学史を学んで…

この記事は有料記事です。

残り1863文字(全文2067文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  2. ORICON NEWS 博多華丸・大吉、芸歴28年で初ANN 念願成就に喜び「まさか現実になるなんて…」
  3. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  4. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  5. 安田さん解放 妻のMyuさん「よく頑張ったね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです