メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『才女の歴史−古代から啓蒙時代までの諸学のミューズたち』=マルヨ・T・ヌルミネン著

 (東洋書林・7020円)

ジェンダーの境界線越え学問が発展

 歴史に登場する女性といえば、エリザベス一世のような政治家か、マリー・アントワネットなど時代の流れに翻弄(ほんろう)される美女と相場が決まっている。「教養人枠」で登場する女性は数えるくらいしかいない。私も子供の頃は、マリー・キュリーしか知らなかった。

 古代から連綿と続く学問の発展に、女性はほとんど貢献していなかったのだろうか。文学史と哲学史を学んで…

この記事は有料記事です。

残り1863文字(全文2067文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  2. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  5. 大阪震度6弱 休校、ガスや水道停止 日常生活の影響続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]