メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもの「夏風邪」

侮れず おたふくかぜ、5年ぶり流行/ワクチンのない「手足口病」、手洗いで予防を

 子どもがかかりやすい「流行性耳下腺炎」(おたふくかぜ)が、5年ぶりに流行している。例年夏にかけて患者が増え、発症者の1000人に1人の割合で難聴の後遺症が出るとされるため、専門家はワクチン接種の検討などの対策を呼び掛けている。子どもに多い手足口病などの「夏風邪」も、今の時期は注意が必要だ。【桐野耕一】

この記事は有料記事です。

残り2129文字(全文2281文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです