メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもの「夏風邪」

侮れず おたふくかぜ、5年ぶり流行/ワクチンのない「手足口病」、手洗いで予防を

 子どもがかかりやすい「流行性耳下腺炎」(おたふくかぜ)が、5年ぶりに流行している。例年夏にかけて患者が増え、発症者の1000人に1人の割合で難聴の後遺症が出るとされるため、専門家はワクチン接種の検討などの対策を呼び掛けている。子どもに多い手足口病などの「夏風邪」も、今の時期は注意が必要だ。【桐野耕一】

この記事は有料記事です。

残り2129文字(全文2281文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 約3000年前の小さな靴を発掘 新生児用か、飾りひもも エジプトの遺跡
  3. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉
  4. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  5. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです