メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市教委

全盲生徒に「時計見ろ」 女性教諭を分限免職

 大阪市教委は11日、指導の適格性に問題があるとして、市立中の女性教諭を分限免職処分にしたと発表した。市教委による分限免職処分は通算で6人目。

 市教委によると、女性教諭は特別支援学校の教諭だった時、目が全く見えない生徒に「時計を見なさい」と発言したり、体調を崩していた生徒に適切な措置を取らなかったりするなど、不適切な指導を繰り返していたという。

 市教委は昨年6月〜今月、指導力不足として、この教諭に校外で研修を実施。しかし教諭は研修中にも「課題が改善されていないと言われる理由が理解できない」などと述べたため、改善が見込まれないと判断し、分限免職処分とした。【岡崎大輔】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岩倉こ線橋 撤去進む謎の橋 田んぼの中ポツン 愛知
  2. ORICON NEWS 大槻ケンヂ「朝7時、ダムに集合」に衝撃 東映特撮の洗礼受ける
  3. イチロー 便り待つ冬 日米の古巣2球団、獲得意欲に差
  4. 不正輸出 中国人留学生、軍・大学に10点売り込み
  5. 自民・山本前地方創生担当相 アフリカを「あんな黒いの」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]