メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和の頑固おやじ 反権力貫き

講演する永六輔さん=東京都千代田区一ツ橋の毎日ホールで2002年8月25日、根岸基弘写す

 幼いころテレビから聞こえたCMのフレーズ「せき・こえ・のどに浅田飴」の、高めの声とちょっと理屈っぽい話しぶり。そして中学の音楽の授業で歌った「遠くへ行きたい」。今も耳から離れない多くの記憶を残した永六輔さんが、遠い旅に出た。

 放送作家、作詞家、エッセイスト、タレント、ラジオパーソナリティーと多岐に及んだ活躍の場。その底流にあったのは生まれ育った東京・江戸の文化への深い愛情と、権力を誇示する者への嫌悪だった。

 提唱した尺貫法復権運動では、国家が罰則規定を設けて日本の伝統的計量単位を否定する姿勢に反発し、1960年安保反対闘争では石原慎太郎さんや故黛敏郎さんら保守の論客とも、「国家権力」という共通の敵と闘うため行動を共にした。

 「こんにちは赤ちゃん」「見上げてごらん夜の星を」など市井の人間の小さな幸せを詞にし、エッセー「大往生」で全国の無名の人の生と死に関する名言を集めたのも、押し寄せる権力というものへのアンチテーゼだったのかもしれない。

 自らの言葉で自由に発信できるラジオをこよなく愛し、「演出」という名の「見た目重視」のテレビと距離を置いた。数少ないテレビ出演番組「遠くへ行きたい」は、旧国鉄がスポンサーだったため、分割民営化に反対する立場から一時期出演を見合わせるなど、筋を通した。

 昭和の“頑固おやじ”がまた一人、逝った。【編集委員・北林靖彦】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院選 希望、敗北に動揺 前原民進代表、辞任へ
  2. 衆院選 自民・小泉氏「安倍政権への国民の飽きを感じた」
  3. 衆院選 希望失速 落選恨み節
  4. 衆院選 「小池ファーストなだけ」 都民フ支持者そっぽ
  5. 韓国 アイドルの犬にかまれ死亡 有名料理店の女性経営者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]