メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴れ時々OFF

ビオホテルで心身リセット

カモミール畑に囲まれた宿=長野県池田町のビオホテル「八寿恵荘」で

 有機栽培の食材や自然由来の化粧品などを使い、体や環境への負荷に配慮した「ビオホテル」が注目されている。欧州発祥で、日本では昨年に続き今春、2軒目が認証された。もうすぐ夏休みシーズン、自然を体感できる宿で心身を癒やしてはどうだろう。

 ●寝具まで自然由来

 北アルプスの美しい稜線(りょうせん)を望む長野県池田町。JR明科(あかしな)駅から車で約20分の山あいに、敷地面積約13万9000平方メートルの「カミツレの里」が広がる。5〜6月には、広大なカミツレ(カモミール)畑に白と黄色の花が満開となり、甘い香りに包まれる。敷地内にある「八寿恵(やすえ)荘」は昨年5月、3年がかりの改装を経て日本で初めてビオホテルの認証を取得した。

 八寿恵荘は東京の印刷会社が1984年、社員の保養所兼旅館として開設。創業者ががんを患ったのをきっか…

この記事は有料記事です。

残り1111文字(全文1473文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見
  4. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]