メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

服や小物をカスタマイズ 安価に手軽に、自分仕様

「オリジナルスティッチ」のオーダーシャツ。「ウェブサイト上で襟や袖の裏地まで15項目が選べます」と話すインスプラウトの三根一仁社長=東京都港区で

 デザインや色柄を詳細に指定して「カスタマイズ」(特注)できる服や小物が増えている。人工知能(AI)などを活用することで、従来のオーダーメードより安価で手軽に、自分だけの一品を手に入れられるようになってきた。

 約300種類の生地に襟や袖の形、ボタンの色−−細部に至るまでをウェブサイト上で選べる男性用シャツオーダーサービス「オリジナルスティッチ」。注文時に身長、体重、ウエストと首回りのサイズ、好みのフィット感を入力すると、AIがその他のサイズを計測して型紙データを作成。データが長野県の工場に送られ、生地が自動裁断される仕組みだ。初回はサイズが合わなかった場合、1カ月以内なら無料で交換できる。

 同サービスは2013年、米シリコンバレーの「忙しくて服を買いに行く時間がない」技術者向けに生まれた…

この記事は有料記事です。

残り1289文字(全文1637文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べた?ピラニアの水槽に模型の骸骨
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  4. 元貴親方 「気持ちの高まり湧いてきた」公式サイトで近況語る(スポニチ)
  5. ルックバック平成・中部写真記者の足跡 平成5年、25年・式年遷宮 闇の中撮影、機材の進歩反映 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです