メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真家・長島有里枝個展

女性の物語、縫い合わせ

神戸の女性たちに思い出の古着をまとってもらい、新作を手がけた写真家の長島有里枝=神戸市中央区で、梅田麻衣子撮影

 写真家の長島有里枝(43)は1993年、家族のヌード写真でデビューした。以来、家族や女性を主題にした作品を発表してきた。神戸市中央区のデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)を会場にした長島の個展「縫うこと、着ること、語ること。」は、「母親」という役割を担った女性を巡る考察から生まれた。古着を縫い合わせた日よけ布「タープ」と、その古着を提供した女性たちのポートレートを中心に構成されている。

 「母は洋裁学校で学び、夢はパリでお針子になることだったんです」。長島が唐突に語り出す。この春、東京…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1241文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  2. プロ野球 日本ハム 打たれない斎藤佑!韓国・NC戦2回完全に続き3回無失点(スポニチ)
  3. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え
  4. 不法残留 ベトナム人7人、疑いで逮捕 苫小牧市内で /北海道
  5. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです