メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空き家判定士

初の調査 移住促進へ、海陽で6人 /徳島

水準器を使い、床が傾いていないかを調べる空き家判定士=徳島県海陽町野江で、河村諒撮影

 空き家に県内外からの移住者に住んでもらうため、建物の状態を調査し活用方法をまとめる「とくしま地方創生空き家判定士」の業務が12日、報道陣に公開された。6人の空き家判定士が海陽町野江を訪れ、外観や室内の状態を確認した。

 県住宅課によると、県内の利用予定のない空き家は2013年の調査で約3万6000棟あり、人口減少などで増え続けている。老朽化が進んだ空き家は景観を損ねるうえ危険なため、県は15年度、空き家を調査し活用方法をまとめる空き家判定士の資格を創設し、積極的な利活用…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文594文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. 大阪市の指定暴力団幹部宅で拳銃4丁と覚醒剤約1.5キロを押収
  5. 藤井七段、通算100勝 最年少・最速で達成

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです