メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空き家判定士

初の調査 移住促進へ、海陽で6人 /徳島

水準器を使い、床が傾いていないかを調べる空き家判定士=徳島県海陽町野江で、河村諒撮影

 空き家に県内外からの移住者に住んでもらうため、建物の状態を調査し活用方法をまとめる「とくしま地方創生空き家判定士」の業務が12日、報道陣に公開された。6人の空き家判定士が海陽町野江を訪れ、外観や室内の状態を確認した。

 県住宅課によると、県内の利用予定のない空き家は2013年の調査で約3万6000棟あり、人口減少などで増え続けている。老朽化が進んだ空き家は景観を損ねるうえ危険なため、県は15年度、空き家を調査し活用方法をまとめる空き家判定士の資格を創設し、積極的な利活用…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文594文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  3. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  5. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]