メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/13 心の居場所「おでんの会」開催 みんなで食べてみんなで語り合い /香川

NPO法人のメンバーと意見交換する竹本さん(左端)=京都市内で、玉木達也撮影

 約100人のメンバーが登録し、特にそのうち約30人が積極的に活動をしているNPO法人「京都自死・自殺相談センターSotto」(京都市)。心の居場所づくりとして「おでんの会」というイベントを定期的に開いている。

 同センター代表の竹本了悟さん(38)は「死にたい気持ちを持っている人が、実際に集まることができる場所」と説明。「少しお金を払ってでも、参加したくなるようなものを目指している」と話す。

 どうしてか。「福祉関係のイベントというと、質素な感じになりやすい。せっかくなら、居心地良く過ごして…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文708文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです