メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国ショック

EU交渉の時期不透明 英次期首相、残留を否定

 【ブリュッセル八田浩輔、ロンドン矢野純一】英国の次期首相への就任が決まったテリーザ・メイ内相は11日、欧州連合(EU)からの離脱交渉について「首相として離脱を確実にする」と述べ、残留を模索する可能性を完全に否定した。EUとの交渉開始時期については年明け以降の可能性を示唆しており、早期の交渉開始を求めるEUとの間で意見の隔たりが生じている。

 メイ氏は党首選の対抗馬だったエネルギー閣外相のアンドレア・レッドソム氏の撤退表明直前の11日午前、…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文632文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです