メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国・EU離脱

私はこう見る 対露強硬色消えプラス 露シンクタンク「外交防衛政策評議会」議長 フョードル・ルキヤノフ氏

 英国の離脱により、欧州連合(EU)の経済が不安定になれば影響は全世界に及ぶが、深刻な状況には至らないだろう。一方でEUでは現在、ウクライナ危機を受けた対露制裁を徐々に緩和しようという傾向が見て取れる。対露強硬派の英国の権威がEU内で損なわれつつあることは、ロシアにとってプラスだ。

 英国をEUでの「代理人」としてきた米国は今、影響力が減じないよう努めている。英国を含む欧州主要国が全て加盟する組織は今後、北大西洋条約機構(NATO)だけになり、米国はNATO経由の影響力を拡大していくかもしれない。

 今回の投票と結果は欧州統合モデルの危機を示し、EUは非常に予測しづらいパートナーになりそうだ。ロシ…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文661文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]