メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南シナ海判決

中国、完敗に衝撃…批判の矛先、日本にも

仲裁裁判決に対する批判で染まった13日付の中国朝刊各紙。「南シナ海の島々は古来、中国の領土」とする見出しや判決を「廃紙(紙くず)」とする見出しもあった=河津啓介撮影

 【北京・河津啓介】南シナ海を巡る中国の主張を否定した12日の仲裁裁判判決を巡って、中国政府の反発が過熱する一方だ。中国外務省の陸慷(りく・こう)報道局長は同日、日本を名指しして「問題をあおりたてるべきではない」などと非難。歴史問題も絡めて日本に矛先を向けることで、指導部への不満をそらす狙いがあるとみられる。ただ、インターネット上では「外交史上に残る一大失敗だ」などの声も上がっており、中国が受けた衝撃の大きさを物語っている。

 陸氏は、岸田文雄外相が「当事国は今回の仲裁判断に従う必要がある」と求めた談話を論評する形で、日本を批判する声明を出した。声明は、2013年にフィリピンが訴えを申し立てた当時、柳井俊二氏(元駐米大使)が国際海洋法裁判所所長を務め「(仲裁裁の)裁判官の構成を取り仕切っていた」と指摘。「当初から裁判は政治化していた」と公平性に疑問を投げかけた。第二次大戦中、日本が南シナ海を「占領」していた経緯にも触れて、この問題に対する日本の「介入」を非難した。

 一方、陸氏は別の声明で、判決に反発する台湾側に「両岸の中国人には中華民族の遺産を共同で守る責任と義務がある」と呼びかけた。これまで中国政府は蔡英文政権を「独立派」とみなして圧力を加え、対話の相手と認めていなかったが、なりふり構わず共闘を求めた格好だ。

 中国政府は一夜明けた13日、南シナ海問題における中国の主権や権益を改めて主張しつつ、対話重視を強調する「白書」を発表した。白書は「南シナ海における中国の主権は歴史上確定したものだ」とした上で、フィリピン前政権が仲裁裁に申し立てた行為を批判。一方で、白書を発表した劉振民外務次官は、ドゥテルテ新政権が対中関係改善の意向を示していることを念頭に、フィリピンとの対話を通じた解決を図るという姿勢を鮮明にした。

 同日付主要朝刊紙は1面で判決への批判を掲載。「南シナ海の島々は古来、中国の領土」(新京報)、「南シナ海を舞台に再びかつての植民侵略が起きた」(新聞晨報)との見出しが並んだ。国際情報紙「環球時報」は「予測された中では最悪で、最も恥知らずな判決だ」との社説を掲載し、予想以上に厳しい内容への驚きをうかがわせた。

 インターネット上にも判決への不満があふれるが、「最悪の結果を招き、外交上の重大な失敗だ」という政府批判も出ている。中国近代史で重要な位置を占める1919年のパリ講和会議と並ぶ「歴史的な外交失敗だ」との指摘も。同会議は第一次大戦の終結に向けて開かれ、中国の山東権益がドイツから日本の手に渡った。同会議後、中国では反日・反帝国主義運動の先駆けとされる「五四運動」が起きた。判決を受け「中国人は当時のように団結しなければいけない」と訴える声もあり、ナショナリズムの高まりも予感させる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  4. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か
  5. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです