メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 見ているけれど、本当にちゃんと見えているのか。普段は漫然と流してしまっているようなことを、芝居というものは、しばしば、立ち止まって考えさせる時間をくれる。

 「世直しじゃー、と思って書いています」と言うミナモザ主宰の劇作家・演出家の瀬戸山美咲はそんな意味でも、気になる存在である。同じく劇作家・演出家の大竹野正典(1960〜2009年)の生きざまを描いたオフィスコットーネプロデュース「埒(らち)もなく汚れなく」(6月1〜12日、東京・下北沢のシアター711)は、“評伝劇”の枠組みを超え、激烈で生々しいセリフが紡ぐ愛と生が痛切に響いた。

 海の事故で48歳で亡くなった大竹野の作品にひかれ、これまで再演も含め9本上演してきたプロデューサー…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文774文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  3. IR実施法案 カジノの客、観光する? 政府は誘導丸投げ 専門家から批判
  4. 猛暑の日本列島 熱中症、3連休で14人死亡
  5. 地震 茨城で震度4 津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]