メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 見ているけれど、本当にちゃんと見えているのか。普段は漫然と流してしまっているようなことを、芝居というものは、しばしば、立ち止まって考えさせる時間をくれる。

 「世直しじゃー、と思って書いています」と言うミナモザ主宰の劇作家・演出家の瀬戸山美咲はそんな意味でも、気になる存在である。同じく劇作家・演出家の大竹野正典(1960〜2009年)の生きざまを描いたオフィスコットーネプロデュース「埒(らち)もなく汚れなく」(6月1〜12日、東京・下北沢のシアター711)は、“評伝劇”の枠組みを超え、激烈で生々しいセリフが紡ぐ愛と生が痛切に響いた。

 海の事故で48歳で亡くなった大竹野の作品にひかれ、これまで再演も含め9本上演してきたプロデューサー…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文774文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです