メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未踏の世界へ

宇宙に生命の痕跡求めて 東京大准教授・関根康人さん

「地球化学を惑星などに応用し、地球外生命の探査につなげたい」と語る関根康人さん=東京大で

関根康人(せきね・やすひと)さん(37)

 星に生命が存在するには水と、生体を構成する有機物、熱の三つの要素が不可欠だ。地球から15億キロ離れた土星の衛星エンセラダス(直径約500キロ)には、水や有機物があることは知られていた。それだけでなく、海底に熱水が存在することを突き止め、地球以外の星に生命を育む環境が今もあることを初めて証明した。「生命に満ちあふれている宇宙の姿を解き明かしたい」と意気込む。

 エンセラダスは地球外生命探査で特に注目を集めていた。米航空宇宙局(NASA)の土星探査機カッシーニ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです