メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南シナ海判決

フィリピン新政権の対応に注目

 【バンコク岩佐淳士】南シナ海のほぼ全域に権益が及ぶとする中国の主張を退けた仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)判決を巡り、フィリピン・ドゥテルテ政権の対応に注目が集まっている。中国に強い姿勢で臨んだアキノ前政権に比べ、ドゥテルテ大統領は中国との共同資源開発の可能性に言及するなど外交方針の転換も示唆しているからだ。中国に「法の支配」で対峙(たいじ)する立場が後退すれば、対中国で結束を図る日米や周辺国の戦略に影響を及ぼしかねない。

 南シナ海で実効支配を拡大する中国に対し、フィリピンは2013年に仲裁裁判所へ提訴。当時大統領だった…

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文930文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優・金元寿子、海外留学のため休業へ 来年3月復帰予定
  2. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず
  3. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  4. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円
  5. マレーシア機撃墜 親露派地域から発射 中間報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]