メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

ヘイト対策法施行1カ月の現場を見る 差別許さぬ包囲網 デモ隊は規制警戒、侮蔑・排外的表現控え

6月19日、銀座で行われたデモでは、「日韓断交」という標語が目立った。手前の沿道からは市民が「反レイシズム」と英語で書かれたプラカードを掲げ抗議した=東京都中央区で2016年6月19日、井田純撮影

 特定の人種や民族に対しての差別的な言動解消を目指すヘイトスピーチ対策法施行から1カ月が過ぎた。1日には大阪市で全国初のヘイトスピーチ抑止条例が施行された。法律や条例といった規制で、差別はどこまでなくなるのか。ヘイトデモの現場を歩きながら考えた。【井田純】

 「過激な内容のプラカードはご遠慮ください」「ハーケンクロイツ(ナチス・ドイツが用いたシンボルマーク)など、誤解を招くような旗は禁止」

 大阪市ヘイトスピーチ抑止条例は「日本人差別法だ」と主張する市民団体が12日に市役所前で予定していた…

この記事は有料記事です。

残り3069文字(全文3314文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. 梅原猛さん死去 京都「お別れの会」 ユーモラスに厳かに 豪快逸話続々、惜別の歌も /京都
  4. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  5. 工藤会トップに6448万円賠償命令 一般人襲撃で福岡地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです