メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国ショック

メイ首相就任 「国民のために働く」 EU離脱派も登用、軟着陸目指す

 【ロンドン矢野純一】欧州連合(EU)からの離脱を決めた英国でキャメロン首相の後任に13日夜(日本時間14日未明)、テリーザ・メイ内相が就任した。EUとの交渉を担う新設ポストのEU離脱担当相には離脱派の重鎮デービッド・デービス元欧州担当相を、外相には離脱運動を率いた前ロンドン市長のボリス・ジョンソン氏を指名。残留派からも党内実力者を登用し、EU離脱の影響を最小限に抑える布陣を整えた。

 メイ氏は同日、首相就任後初の演説で「社会正義の実現」を強調し「一部の特権階級ではなく、国民のために…

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文921文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです