メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏ニース

トラック突入テロ、花火見物の84人死亡

フランス・ニースで、花火客の列にトラックが突入した現場を警戒する警察官=AP

 【パリ賀有勇】フランス南部のリゾート地・ニースで14日午後11時(日本時間15日午前6時)ごろ、フランス革命記念日を祝う花火の見物に集まっていた群衆にトラック1台が突っ込んだ。カズヌーブ内相などによると、子どもを含む84人が死亡し、18人が重傷を負った。運転手は警察当局に射殺された。車内からは、ニース在住でチュニジア出身の31歳の男の身分証が見つかったと地元メディアは報じた。犯行声明などは出ていないが、バルス首相は「テロ攻撃を受けた」とツイッターで発言。対テロ部門が捜査に着手した。

 オランド大統領は15日未明に声明を発表し、「故意に多数を殺傷しており、テロの性質を帯びていることを否定できない。国境など必要な地点に治安部隊を配備する」と述べ、近年のテロ事件を受け国内に出していた非常事態宣言をさらに3カ月延長することを明らかにした。

 大統領は「革命記念日はフランスの自由の象徴の日だ。犠牲者やその家族に連帯の気持ちを示す」とも発言。仏全土がイスラム過激派の脅威にさらされているとの見方を改めて示した。

 現場はニース中心部に近い地中海沿いの大通り「プロムナード・デザングレ(英国人の遊歩道)」。AFP通信などによると、トラックは相当なスピードで走りながら約2キロにわたって群衆をなぎ倒した。目撃証言によると、運転手は発砲もしていた。運転手は警官隊に射殺され、車内からは銃や爆発物、手投げ弾が見つかったという。

 オバマ米大統領は14日、「罪のない民間人が数十人死傷した。テロ攻撃と見られる行為を最も強い言葉で非難する」との声明を発表。トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は「欧州は仏国民・政府と団結し、暴力と憎悪に立ち向かう」と述べた。英国のメイ首相も首相官邸の報道官を通じ「私たちの思いは、フランスの祝賀の日に起きた惨事に見舞われた人とともにある」との声明を出した。

 フランスでは昨年11月、パリ中心部と郊外で劇場や飲食店を標的とした同時多発テロが起き130人が死亡。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。フランスではこの事件以降、非常事態宣言が出されていたが、オランド大統領は14日に今月末での解除の意向を明らかにしたばかりだった。

 事件の背景はまだ明らかでないが、オランド大統領は「我々はシリアとイラクでの活動をより強化する」と述べ、IS対策などをより強める考えを示した。

 ニースは地中海に面した世界的に人気のある保養地。多数のバカンス客が事件に巻き込まれた可能性がある。菅義偉官房長官は15日午前の記者会見で、「現時点で邦人の被害は確認されていない」と述べた。政府は在マルセイユ総領事館に現地連絡室を設置し、領事をニースに派遣して情報収集している。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はるな愛 45歳すっぴん披露 失恋ストレスで20キロ増おっさん化心配の声
  2. ホノルル・マラソン 「80点の出来」浅田真央さん完走
  3. 名古屋 高層ビル群に虹のアーチ 
  4. 訃報 赤染晶子さん42歳=芥川賞作家
  5. 中華航空 日本人3人機内で騒ぎ、引き返し

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]