メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん

新規患者100万人 16年予測 初の大台

国立がん研究センター 死者は37万4000人

 国立がん研究センターは15日、2016年に新たにがんと診断される患者数は、前年より2万8000人増えて101万200人になるとの予測を公表した。14年から始めた予測で年間100万人を超えるのは初めて。「高齢者人口の増加や診断精度が上がったことなどが要因」としている。

 同センターが1975〜12年のがん罹患(りかん)数や推計人口を基に算出した。男性が57万6100人…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです