メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん

新規患者100万人 16年予測 初の大台

国立がん研究センター 死者は37万4000人

 国立がん研究センターは15日、2016年に新たにがんと診断される患者数は、前年より2万8000人増えて101万200人になるとの予測を公表した。14年から始めた予測で年間100万人を超えるのは初めて。「高齢者人口の増加や診断精度が上がったことなどが要因」としている。

 同センターが1975〜12年のがん罹患(りかん)数や推計人口を基に算出した。男性が57万6100人、女性が43万4100人。実際に診断された患者数の推計は12年の86万5238人(男性50万3970人、女性36万1268人)が最新で、それより17%(男性14%、女性20%)増える見通しだ。

 部位別で最も多いのは大腸がん(14万7200人)で、胃(13万3900人)▽肺(13万3800人)▽前立腺(9万2600人)▽乳房(9万人)と続く。男性は(1)前立腺(2)胃(3)肺、女性は(1)乳房(2)大腸(3)肺−−の順。

 16年にがんで亡くなる人は、前年より3000人多い37万4000人(男性22万300人、女性15万3700人)と予測した。男性は肺がん、女性は大腸がんの死亡が最も多いとみている。【下桐実雅子】

今年の新規がん患者数予測(部位別、多い順)

男性              女性

(1)前立腺(9万2600人) (1)乳房(9万人)

(2)胃(9万1300人)   (2)大腸(6万2500人)

(3)肺(9万600人)    (3)肺(4万3200人)

(4)大腸(8万4700人)  (4)胃(4万2600人)

(5)肝臓(2万9000人)  (5)子宮(3万200人)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  2. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  3. 長尾・自民衆院議員 女性議員らに「セクハラ縁遠い」 投稿炎上
  4. 東芝 「稼ぎ頭」温存探る 銀行団に「中止」容認論
  5. 大リーグ エンゼルス大谷がメジャー初4番

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]