メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エチオピア

世界最貧国、支援で衛生急改善 対策拠点1万6000カ所 国際基金18億ドル投入

 マラリア、エイズ、結核の3大感染症に苦しむアフリカ諸国は、先進国の支援を受けて保健や医療サービスの改善を図っている。近年、西アフリカで大流行したエボラ出血熱が世界的な脅威になったように、感染症は簡単に国境を越える。日本など先進国には継続的に支援することが求められている。支援を元に保健ポストと呼ぶ地域拠点を整備し、急速に衛生状態を改善させた世界最貧国、エチオピアを訪ね、実情をみた。【熊谷豪】

 標高2000メートルを超えるサバンナに強い日差しが照りつけていた。サボテンの間を抜け、未舗装の道を…

この記事は有料記事です。

残り1429文字(全文1676文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 報徳学園が8強一番乗り 愛工大名電降す
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです