メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エチオピア

世界最貧国、支援で衛生急改善 対策拠点1万6000カ所 テドロス元保健相に聞く

資金と知識、日本に感謝

 日本が感染症対策で国際協力する意義などについて、エチオピアの元保健相で外相のテドロス・アダノム・ゲブレエサス氏に尋ねた。

 --保健制度の向上に力を尽くしてきた。

 健康なくして社会の発展はない。一番の課題は資金の欠如だった。パートナーを見つけ、協力を呼びかけた。おかげで何千人、何万人の人材(保健普及員)が研修を受けることができた。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文537文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 報徳学園が8強一番乗り 愛工大名電降す
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです