メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名前の由来は頭文字から JR東日本のICカード

JR東日本のSuica=同社提供

 「スイスイ行けるICカード」として、2001年11月にJR東日本が管内424駅で導入したサービスが始まり。自動改札機に軽く触れるだけで改札を通れるようになったほか、入金(チャージ)機能を持たせたため定期券の区間以外で自動精算が可能となった。

 Suicaの名は「スイスイ〜」を略するとともに「super urban intelligent card」(都会的で知的なカード)の頭文字からつけた。

 首都圏では山手線が1990年に自動改札となり、磁気カードの定期券が使えるようになったが、「財布やパスケースから取り出すのが面倒。何とかしたいという発想からタッチ&ゴーのSuicaが生まれた」と、JR東の開発者は振り返る。

 デビュー翌年の02年には東京臨海高速鉄道(りんかい線)などとの相互利用が始まり、03年にはJR西日本の「ICOCA(イコカ)」、07年には首都圏私鉄などの「PASMO(パスモ)」が登場。現在は全国で相互利用できる10の交通系ICカードがあり、10のエリアで鉄道とバスに乗車できる。

 Suicaが普及した背景には、入金したお金が電子マネーとして04年からコンビニなどで使えるようになったほか、06年に携帯端末を活用した「モバイルSuica」を登場させるなどして利便性を進化させたことがある。わずか0・2秒で改札を通過できるスピードも自慢で、ラッシュ時の混雑解消に役立っている。【川口雅浩】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民 豊田議員、園遊会でもトラブル 母親入場させようと
  2. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」
  3. 加計学園 開学工事の工期「萩生田氏文書」通り
  4. 自民 「死ねば…」の暴言も 豊田真由子衆院議員が離党届
  5. ネット音声公開 男性に罵声「違うだろ」 豊田議員か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]