メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

判決の波紋

南シナ海/上(その1)「ここは中国の海だ 公船も守ってくれる」 官民一体で進出

海南島の位置

 南シナ海に面した中国有数のリゾート地、海南島三亜市。夏の太陽が照りつける砂浜から歩いて10分、薄暗いアパートの一室では、ベッドや棚の上に赤や白のこぶし大の塊が山積みになっていた。「南沙や西沙の海で取れたサンゴだ。一つ80元(約1280円)、土産にどうだい」。肩にサソリの入れ墨をした半裸の男が熱心に売り込んできた。

 乱獲が進む海南省ではサンゴの採取や売買は禁止されている。違反すれば最高5万元(約80万円)の罰金が…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文779文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  2. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  3. 食中毒 修学旅行生ら入院 長崎市の料理店からノロ検出
  4. 競馬 日本ダービー、5番人気・ワグネリアンが優勝
  5. 水路転落訴訟 金沢で市など相手に相次ぐ 「景観」か「安全重視」か /石川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]