メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

判決の波紋

南シナ海/上(その2止) 漁船に中国政府の補助 サンゴ礁「深刻な被害」

中国が管轄権を主張する南沙諸島や西沙諸島近海で操業する船が停泊する港=海南省瓊海市潭門鎮で9日

 

 「なぜ南沙のことを聞くんだ。スパイじゃないのか」。中国国旗「五星紅旗」を掲げた漁船がずらりと並ぶ海南島東部の瓊海(けいかい)市潭門(たんもん)鎮の漁港。漁民たちは外国人記者への警戒心を隠さなかった。中国メディアによると、潭門鎮では漁民による「海上民兵」が組織され、南沙諸島への組織的な出漁の調整や海難救助のほか、南シナ海で漁業を続けてきた「先人の精神を伝える教育」が行われている。中国政府にとって「活動の歴史」を宣伝する格好の素材でもあり、2013年には就任直後の習近平国家主席が港を訪問し、民兵らを激励する姿が報道された。

 取材に応じた徐と名乗る民兵によると、南沙まで航行できる大型の漁船には地元政府の補助で中国国産の全地…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文809文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イタリア 高速の高架橋崩落で35人死亡 車20台落下か
  2. 名大・旧制高 「クラス日誌」公開 理系生徒、戦時の本音
  3. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  4. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  5. キャンベルさん 同性愛公表 自民議員発言に「危惧」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです