メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

給付型奨学金

創設へ 文科省、検討チーム設置

給付型奨学金制度検討チームの初会合であいさつする馳浩文部科学相(左から2人目)=文部科学省で、佐々木洋撮影

 文部科学省は返還する必要がない給付型奨学金制度の創設に向けた検討チームを設置し、具体的な制度設計の議論を始めた。年内に議論をとりまとめて来年の通常国会で必要な法改正をし、2018年春の入学者からの給付を目指す。しかし財源のめどは立っておらず、対象者の範囲や給付額の調整は難航も予想される。専門家は「給付型奨学金は渡しきりになるので、納税者が納得できる制度にすることが不可欠だ」と指摘している。

この記事は有料記事です。

残り2356文字(全文2553文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです