メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立西洋美術館

世界遺産に コルビュジエ作品、7カ国17資産 近代建築運動評価 ユネスコ

世界文化遺産への登録が決まった国立西洋美術館前では、記念撮影する来館者らでにぎわった=東京都台東区で2016年7月17日午後5時45分、猪飼健史撮影

 トルコのイスタンブールで開催されている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は17日、国立西洋美術館本館(東京都台東区)を含む7カ国17資産で構成される「ル・コルビュジエの建築作品」の世界文化遺産登録を決めた。国内の世界文化遺産は昨年の「明治日本の産業革命遺産」(福岡など8県)に続いて16件目で、都内では初めて。自然遺産も含めた世界遺産は国内20件目。【佐々木洋】

 文化庁によると、世界遺産委員会は一連の建築作品を「人類の創造的才能を現す傑作。近代建築運動の誕生と…

この記事は有料記事です。

残り2037文字(全文2276文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです