メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外

号外の一覧

今村復興相、辞任の意向 被災地巡る発言で

小池、鳥越氏競り合い 増田氏が追う…序盤情勢

都知事選の投票で最も重視する基準は?

本社世論調査

 31日投開票の東京都知事選について毎日新聞は16、17の両日、都内の有権者を対象に電話による世論調査を実施し、取材結果も加えて序盤情勢を分析した。元防衛相の小池百合子氏(64)とジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が競り合い、元総務相の増田寛也氏(64)が追う展開となっている。ただ4割以上が投票先を決めておらず、今後、情勢が変わる可能性もある。

 主要候補で唯一の女性の小池氏は50代以下の女性に幅広く浸透し、40代は男女とも支持を集める。

 鳥越氏は60代女性や70代以上を中心として、高齢層に人気が高い。増田氏は30代で一定の支持を集めている。

 自民党が17年ぶりの「分裂選挙」となり、自民党都連との対立姿勢を鮮明にしている小池氏は自民支持層の4割弱の支持を集めた。おおさか維新支持層や無党派層にも浸透している。

 鳥越氏は推薦を得た民進、共産の支持層の6割近くを固め、同じく推薦する社民、生活の支持層や無党派層からも支持を得ている。

 自民、公明、こころの推薦を受ける増田氏は公明支持層の6割近くを固めたものの、自民支持層では3割の支持となっており、分裂選挙の影響が見える。

 投票する際に最も重視する基準を選択肢で尋ねたところ、最も多かったのは「政策」で37%だった。「行政経験」13.5%▽「お金に対するクリーンさ」13.4%▽「人柄」13.1%▽「政治経験」9.9%−−と続いた。

 行政経験と回答した人の6割弱が増田氏、人柄の5割弱が鳥越氏、政治経験の6割が元衆院議員の小池氏をそれぞれ支持しており、有権者が自身の選択基準に合った特徴の候補者を支持している傾向が見られる。

 政策と回答した人の支持は小池氏が約3割、鳥越氏が約2割、増田氏が2割弱で、約3割は態度をはっきりさせていない。

 都知事選には3氏を含め過去最多の21人が立候補している。【林田七恵】

調査の方法

 16、17日の2日間、コンピューターで無作為に電話番号を発生させて、調査員が電話をかける方法で行った。毎日新聞、共同通信、産経新聞、TBS、フジテレビの5社の共同で実施した。東京都内の有権者がいる1521世帯から1033人の回答を得た。回答率は68%。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今村復興相 東日本大震災被害「東北だったから良かった」
  2. 今村復興相 記者会見で激高、謝罪
  3. 今村復興相発言 安倍首相「私からもおわび」 南相馬で
  4. 復興相 発言なぜ軽い 怒る避難者 実績作りの調整ポスト
  5. 現金出品 ヤフオクも禁止に メルカリと同じく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]