メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/14 自治体ごとに自殺対策計画 先進事例のデータ化どう生かす /香川

先進事例のデータベース作りについて説明する、ライフリンク副代表の根岸親さん=東京都内で、玉木達也撮影

 自殺対策は、国家が国民に保障する最低限の生活水準「ナショナルミニマム」。この判断の下、改正自殺対策基本法は、都道府県や市町村に対し、地域の実情に応じて、自殺対策計画を定めるように明記した。既にこの連載で紹介した通りだ。

 しかし、実際の計画づくりや具体的な対策の実施はなかなか難しい。そこで先進事例をデータ化し、これから始める自治体の参考にしてもらおうという取り組みが進んでいる。

 例えば、自治体の担当者が「自殺未遂者を支援したい」と考えた時、現在はどこでどのような未遂者支援が実…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文702文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. ORICON NEWS 香取慎吾、パリ・ルーブル美術館で初の個展「僕のアート脳が爆発しています」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]