メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

判決の波紋

南シナ海/中 米豪同盟最前線にくさび ダーウィン港、中国企業が99年間賃借

ダーウィン港の活性化に期待する湾港運営会社のテリー・オコナーCEO=平野光芳撮影

 「オーストラリアは当事国ではない。言行を慎んでほしい」。中国外務省の陸慷報道局長は14日の定例会見で強く反発した。南シナ海を巡る仲裁裁判所の「判決順守」をビショップ豪外相が中国に求めたからだ。

 オーストラリアはオバマ米政権の「アジア重視政策」を受け、2012年から米海兵隊が毎年6カ月間、巡回駐留する。米海兵隊が駐留する豪北部ダーウィンは南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島まで約4000キロと有事対応できる最前線だ。

 その米豪同盟の最前線に昨年10月、中国のくさびが打ち込まれた。中国山東省に拠点を置く複合企業・嵐橋…

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1295文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです