メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良少年刑務所

年度内閉鎖、保存へ 「明治の五大監獄」

二つのドーム屋根が特徴的な奈良少年刑務所の表門=奈良市般若寺町で、日向梓撮影

 奈良少年刑務所(奈良市般若寺町)が、今年度で受刑者の収容を停止し、閉鎖されることが法務省への取材で分かった。同刑務所の建物は明治政府が全国に造った「五大監獄」の一つで、唯一当時の姿を完全な形でとどめる。地元住民も保存活動をしており、同省は建物を保存・活用する方向で検討している。旧奈良監獄として1908(明治41)年に建てられた。旧司法省技官の山下啓次郎氏が設計。重厚なれんが造りで…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  5. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです