メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良少年刑務所

年度内閉鎖、保存へ 「明治の五大監獄」

二つのドーム屋根が特徴的な奈良少年刑務所の表門=奈良市般若寺町で、日向梓撮影

 奈良少年刑務所(奈良市般若寺町)が、今年度で受刑者の収容を停止し、閉鎖されることが法務省への取材で分かった。同刑務所の建物は明治政府が全国に造った「五大監獄」の一つで、唯一当時の姿を完全な形でとどめる。地元住民も保存活動をしており、同省は建物を保存・活用する方向で検討している。旧奈良監獄として1908(明治41)年に建てられた。旧司法省技官の山下啓次郎氏が設計。重厚なれんが造りで…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 親が片付け中に子供預かるボランティアも
  2. 西日本豪雨 ボランティア、大阪の小6も大粒の汗 広島
  3. 京都 祇園祭 前祭の宵山迎え
  4. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  5. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]