メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公立陶生病院で検出 愛知・瀬戸

 愛知県瀬戸市の公立陶生病院は19日、呼吸器内科に入院、通院中の患者11人から、複数の抗生物質が効かない新型耐性菌「カルバペネム耐性腸内細菌科細菌」(CRE)を検出したと発表した。感染すると発熱などの症状を起こすことがあるが、いずれの患者も発症していないという。

 同病院によると、2015年10月から今年6月までの間に20〜80代の男性8人、女性3人計11人から検出された。いずれも同じ遺伝子パターンの菌で、同病院は院内感染の可能性が高いとみて入院中の5人を個室に収容し、専任スタッフが対応している。

 CREは、特効薬が少なく、14年9月に保健所への届け出が義務づけられた。各地の医療機関で検出例がある。

 同病院は「トイレなどの清掃や消毒などを徹底し、感染予防対策を強化したい」と話している。【花井武人】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府警 ミナミで半グレ調査 みかじめ料、暴対法抜け穴
  2. メキシコ地震 「なぜ何度も災難に」32年前と同じ日に
  3. 神戸射殺 神戸山口組本部など捜索 兵庫県警
  4. ロシア 「米国一極、認めぬ」…トランプ氏国連演説に反発
  5. ダム日本酒 プロもうなるおいしさ 富山・黒部で蔵出し

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]