メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・アーティスト

METAFIVE 進化続ける超越バンド

 2014年1月、高橋幸宏が、EX THEATER ROPPONGIの“こけら落とし月間”への出演を依頼され、仲間に声をかけたところから全ては始まる。言うまでもなく彼は、YMOを含め、日本のポップミュージックに数々の歴史を刻み、いまも第一線で活躍中だ。そのとき集まったのが、小山田圭吾、砂原良徳、TOWA TEI、ゴンドウトモヒコ、LEO今井の、個性あふれるつわもの5人。最初は、その夜限りの予定だった。

 「パーマネント(継続的な)でやろうという気はなかったんです。ただ、フェスに呼ばれたりして、やってい…

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1159文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  3. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. チチロー「いつか来る日が来てしまった」 孤高の天才支えた父や妻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです