メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中島飛行機の傑作機」展

戦闘機「九一式」の実物機や「九七式」実物大レプリカなど 所沢で始まる 9月4日まで /埼玉

 第二次世界大戦で活躍した戦闘機「九一式」の実物機や「九七式」の実物大レプリカなど約60点を展示する特別展「中島飛行機の傑作戦闘機たち」が20日、所沢市並木の所沢航空発祥記念館で始まった。9月4日まで。

 中島飛行機は、1917(大正6)年に中島知久平が現在の群馬県太田市に創業した航空機メーカー。特別展では、展示される「九一式」と「九七式」(レプリカ)に加え、展示機はないものの「一式・隼(はやぶさ)」▽「二式・鍾馗(しょうき)」▽「四式・疾風(はやて)」の3機にもスポットを当ててい…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです